足首と足指関節を動かしながらウォーキングしたら、むくみが改善

体力を取り戻したくて、毎日歩こうと心がけ始めたのは、今から1年半くらい前の去年の3月ころ。

そのときの私は、抗がん剤のパクリタキセルが終わってから、約1年が経過していたんだけど、
体力、筋力ともに、なかなか回復できていなかった。

「パクリが終わって1年経つっていうのに、まだこの程度か…」って、落ち込んだり焦ったりしてた。

どうにかしなきゃ。
もっと、体を動かさなきゃ。

そう思って、それまでの「お散歩」を「ウォーキング」のレベルにしようと、毎日きちんと歩くことから始めることにした。

スポンサーリンク

パクリタキセルで、足から力が消えた

話は遡るけど、

2014年の10月から始まった抗がん剤AC+T。
そのTのウィークリーパクリタキセルは、2015年1月から3月末の3ヶ月間。

私にとって、抗がん剤の本当の悪夢は、このパクリが半分ほど進んだころに始まった。

乗っていたバスが停留所に到着して、ステップから路面にひょいと片足を着いて降りたとき、
膝が、カクン…。

それからは、あれよあれよという間に足に力が入らなくなり、関節も曲がりづらくなって、指先は手も足も痺れ始めた。

まっすぐに立っているだけでも、体が前後に揺れてバランスが崩れる。

おそらくこのときの私は、たぶん
ホンダの二足歩行ロボットのASIMOの初期のころみたいに、たどたどしく歩いていたんじゃないかと思う。

片方ずつ、慎重に足を上げては前に踏み出す。
それを、丹念に一歩ずつ繰り返して歩いていた。

今じゃ、このホンダのASIMOも、ずいぶんと開発が進んでスムースに歩くようになったけどね。
たしか、今は走れるよな。

むくみは減ったけど、筋力は戻らず

2015年3月末。
パクリタキセルの最後の投薬のとき、看護師さんが、
「むくみが取れるのには、1年くらいかかりますよ」って教えてくれた。

そのときは、1年っていう期間の長さに愕然として、
「いや、そんなハズはない!」なんて思ったけど、
むくみがラクになったなって感じることができたのは、2016年の春ころ。

やっぱりその言葉通り、1年かかった。

だけど、
むくみは引いても、太ももとふくらはぎの筋肉は軟弱で、まるで機能していない感じ。

常態化したむくみからは抜け出しても、軟弱な筋肉のせいもあってか、やっぱり夕方になるとむくんでくる。

膝も、足の指も、まだまだ関節は硬いし、
それに加えて、足指の付け根のしびれも残っていて、動かすと痛かった。

足指関節を少しずつ動かし始めたら…

むくみもラクになった去年の春ころから、毎日歩くようにしてはいたけど、それはウォーキングとはほど遠い。

歩きの質としては、全くもって低かった。
どうやったら回復できるのかわからなくて困っていたとき、ブックオフで1冊の本を見つけた。

「ウォーキング100のコツ」

この本の監修は、園原健弘さんという方。
もと五輪選手で、ウォーキングプロデューサー。
そういう人の言うことなら、間違いないかなって思って。

今はコレ、Amazonで探しても、中古品しかないみたいだけど。

100個もあるコツって、多すぎだろ…
って、ホントはちょっと思ったけどね。

だけど、どのコツを実践しようとしても、その当時の私には難しくて、まるでできない。
痛い。動かない。
すぐに疲れて続かない。

そんな状態だったのだけど…
あれから1年ちょっと。

ここひと月ばかり、急激に動くようになってきた。

きっかけは、
足首と足指関節をできるだけ動かしながら、歩くようにしたこと。

この2箇所に意識を向けて、できるだけやわらかく動くように歩くようにした。

具体的には、例えば、
右足が前に出て、左足が後ろにあるとき、
この左足を前に出すときに、つま先できちんと地面を蹴る感じ。

このとき、
「蹴る感じ」であって、実際には蹴ってはいない。
(何歩も蹴り続けられるほどの力はないし…。)
つま先と足首を、やわらかく動かしながら、足を前に出す。

以前は、コレさえも出来なかった。
足の指を反らすことが出来なかったし、
足首を鋭角に曲げることも出来なかったから。

でも今、足首が動く。足の指も動くようになってきた。
もっと続けていったら、そのうちに力も付いて来て、ちゃんと地面を蹴って歩けるようになるんじゃないかなって思ってる。

もちろんこんなこと、キホンのこと過ぎて
この本のコツの中に、書かれているわけじゃないですよ。。。

むくまなくなった。そして足首が現れた

そんな風にして気持ちよく歩いている今日この頃。
夕方になっても、ふくらはぎがスッキリしていることに気づいた。

むくんでいない。
少し前と比べても、足が軽いな、って感じる。

そして、ふと…、
自分の足首に目線が動いた。

なんか、細いみたい。

いや、明らかに細いぞ。
たぶん、自分の人生史上で一番細い!
足首がくびれてる~~。ちょっとだけだけど…。

私の足、
若いときは、友達に「サリーちゃんの足」とまで言われたことがあったのだが、

いや~
もはや、サリーちゃんの足などとは言わせないぜ!

うれしすぎ。

ウォーキングのコツ、今なら実践できる

かつては、何一つ実践できなかったウォーキングのコツ。

今、この本を読み返すと、どれもこれもやれそうな気がしてくる。

本の中では、体の動かし方や、姿勢の、悪い例と良い例とが写真つきで比べられているページがあるけど、以前の私は、ほとんどが悪い例だったと思う。

なんか、おかしな話なのだけど、
体力つけるために、よい動きを身につけて実践しようとするんだけど、
よい動きをするためには、それなりの体力が必要なのね。

やっぱり、またしても思う。
健康じゃなきゃ、がん治療はできないんだな、って。
健康じゃなきゃ、健康でいられない。

そうそう!
この間買ったハンドグリップも
ひんぱんに、頑張って使っていますよ。

100円ショップで探し物をしていたら、ふとハンドグリップに目が止まった。ん!?こわばってる左手で握ってみたら…ん~~!!コレ、買おう!!強度は、5kg、10kg、15kg、25kgってあったけど、5kgかな…。別に、握力をつけたいわけじゃな
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ