寝起きが特にひどい、手のこわばり

ホルモン治療で、エキセメスタンを飲み始めたのは2015年の6月ごろ。
もう、2年経つのか…
その頃から、手の指がギシギシこわばるようになった。

朝起きたときが一番ひどい。
硬い手を握って動かそうとすると、メチャメチャ痛くて、カーテンをつかんで開けようにも、トイレに行くのにも大変。

カチンカチンの指を、やっとこさ少しずつ動かして、だんだん柔らかくほぐしていく感じだった。

だけどそれも少しずつ慣れて、朝にカーテンを掴めないってことはなくなった。

このまま治療前のように戻るかなー、って思っていたのに
ここ1,2ヶ月、他の症状の悪化とともに、このこわばりもひどくなってきた。

やっぱり特に、寝起きがひどい。
じっとしている時間が長い分、カチコチの度合いもひどくなる。

最近は、体調が辛くて昼間でも横になることが多いけど、そうするとついつい眠ってしまう。
で、
起きる頃には手はカチコチ。

これ、寝起きの手。

これ以上は、曲げると痛い。

以前、病院の先生に「手のこわばりに効く漢方ってありますか」って聞いたけど、
その時は「痺れには、効果がある漢方はあるんだけど、こわばりにはどうかなー」って言う返事。

しょうがない。
グーパーグーパーしてますよ…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ