あいうべ体操で、不眠解消できるかな

先日から続いている息苦しさ。
このところは、いくらか落ち着いているみたい。

この間の、真夏日の湯たんぽ事件。なにか、冷え対策をしなくっちゃ! 「冷えの原因はなんだろう。」「冷えた身体を外から温めるっていうより、根本的に冷えないようにするにはどうすればいいのかな。」そんなことを考えてみた。筋肉が少ないとか、運動不足で

毎日ちゃんと、腹式呼吸とストレッチをやっている成果かな。

だけど、それでもたまに咳き込んだりするし、胸の苦しさを感じることもある。
最近は、ホルモン剤の副作用のホットフラッシュのときに、動悸が気になるようになってきた。

それと、なんか、胸がいたい!? 
うーん、心臓かな…。心筋梗塞とか? えー、やめてよね…。

このところ、なんだか、いろいろ気にかかる。

スポンサーリンク

不眠の影響で、心臓に負担がかかる!?

で、
不眠は心臓に負担がかかるって、いうのを聞いたことがあるのを思い出した。

病気して以来ここ数年、夜、まともに眠れていない。
眠れない理由は、そのときの身体の状態とか治療の内容によって違っているから、眠れなさ加減も以前と比べたらずいぶんと改善されてはいるのだけど。
それでも、おおよそ快適とはいえない。

もしかしてこの不調の原因って、不眠にあるのかなって思うようになった。

不眠→心臓に負担→酸欠・息苦しさ→冷え

こういう構図が成り立つような気がしてきた。

じゃあ、
どうすれば、気持ちよく眠りにつけるのか。
どうすれば、夜中にトイレに起きずに過ごせるのか。
どうすれば、早朝に目覚めずにすむのか。

これはもう、既にいろいろ試し済み。

夕飯は早めに済ませて、その後はなるべく水分は控える、とか。
寝る前にリンパマッサージする、とか。(腕のむくみ防止っていうのもあるけどね)
ゆったりできる音楽や、雨音を聴きながら寝る、とか。
たまには、睡眠剤がわりに精神安定剤を飲んでみたりもした。

だけど、依然としてダメ。
どうしたモンかな。(@_@。

寝ている状態も、心臓に負担がかかっている??

ふと思った。
もしかしたら、息苦しさを感じるのは、昼間起きているときだけじゃなくて、寝ているときも苦しいんじゃないのかな、って。

苦しさのせいで寝続けていられない、とか?
その苦しさから逃れるために、自然と目が覚める?

苦しいから、寝ていられない。
ちゃんと寝てないから、また不調を引き起こす。

こういう、負のスパイラルに陥っていたりして…。

じゃ、コレを断ち切るにはどうしたらいいのかしら??

睡眠時無呼吸症候群

私がまだ20代だった頃、たぶん自分は睡眠時無呼吸症候群だったんじゃないかと思っている。

「たぶん」なんて、あやふやな言い方だけど、当時は一人暮らしで(今もそうだけど)寝ているときの様子を家族に指摘されることもなかったから、本当のところはよくわからない。

だけど、寝ている途中で突然の大きな自分のいびきで目がさめたり、昼間に、耐え難い眠気に襲われたことも何度もあった。
こういうのはたしか、睡眠時無呼吸症候群の特徴。

その当時はまだ、「睡眠時無呼吸症候群」っていう言葉をメディアでも聞くことはなかったし、だからなお更、医者にかかったこともない。
だけど、たぶん、おおよそ、そうだったと思っている。

うーん…、とは言っても、
ここ最近の私を思うと、寝ている途中で突然の大きな自分のいびきで目がさめるってコトはない。
「昼間の耐え難い眠気」っていうのは、ビミョーかな…。
なにせ今は、体調が辛けりゃベッドに横になれる環境だから。
だけど、眠さが理由で横になることってないような気がするな。
ん? いや、「体調が辛い」っていうのが「眠い」ってことかな…。
よくわかんないや。

まー、とりあえず、
また、睡眠時無呼吸になっちゃっているとしたら、どうにか改善しなくっちゃ。

どうやって??

あいうべ体操

以前、睡眠時無呼吸症候群だった(と思う)ころ、寝るときに気になったのは、舌。

ベッドの上で上を向いて横になって、だんだん眠りそうになって来たころ、舌の力が抜けると、ノドの方に舌が落ちていく気がした。
この奥のほうに落ちた舌のせいで、ノドがふさがれて呼吸が出来なくなる。

今の私の舌がどうなっているのか、よくはわからないけど、「一人暮らしで自宅で仕事」って言う状況で、ほとんど声を出さない日常を考えると、舌の筋肉は弱っているんだろうな、っていうのは、容易に想像がつく。

舌の運動しよう!
それも、大真面目に!

最近は、顔のたるみも気になるお年ごろ、っていうことで、たまに顔の筋肉を動かす体操なんかをしていたんだけど…。

この体操を、大真面目にやることにした。
その名も「あいうべ体操」

このあいうべ体操は、「あ~い~う~べ~」っていいながら、顔と舌を動かすっていうのは、以前から知ってはいたんだけど、
今回ちゃんと、ネットで調べてみた。
そしたら、今井 一彰先生というお医者さんが開発した健康法なんだそう。
それに、このあいうべ体操を推奨している医療機関も、いくつかあるらしい。

へ~、お医者さんが考えたのか~。
自律神経を整えて病気を治す! 口の体操「あいうべ」 (綴込付録:カード、小冊子、ポスター付き)っていうムック本も発売されている。

高血圧、アトピー、花粉症から リウマチ、潰瘍性大腸炎、無呼吸症まで大改善

ですって!

やり方は簡単。

  1. 「あ~」と言いながら、口を大きく開く。
  2. 「い~」と言いながら、口を大きく横に開く。
  3. 「う~」と言いながら、口を強く前に突き出す。
  4. 「べ~」と舌を突き出して下に伸ばす。

というわけで、2~3日前からやっています。
今のところまだ、違いはわかりません。。。

フ~、
腹式呼吸に、ストレッチに、あいうべ体操。
毎日、やることいろいろあるな(~_~)


自律神経を整えて病気を治す! 口の体操「あいうべ」 (綴込付録:カード、小冊子、ポスター付き)

今井 一彰 マキノ出版 2015-11-14
売り上げランキング : 1677

by ヨメレバ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ