MRCP検査受けてきました

昨日予約したMRCP検査。

MRCPの検査って、使う装置はMRIと同じらしい。
同じ装置だけど、なんかやり方が違うのね。きっと。

こういう大きな検査にも関わらず、昨日の今日で、検査予約がとれるのはうれしい。

1週間先とかって言ったら、その間、なんか気になるし。

今日の検査は午後の7:50。
結構遅い時間。

スポンサーリンク

狭いところシミュレーション

4月の末から、頭部MRI、腹部CT(未遂)、腹部CT、と通い詰め(?)ている検査専門のクリニックなので、なんかだんだんとお馴染み感が出てきた感じ。

でも今日は、MRI装置の狭いところに数十分入らなくっちゃならないから、ちょっと気分が重い。

夕べから少し緊張気味なんだけど、でも夕べ寝る前に「狭いところシミュレーション」してみた。

こんな感じで↓

仰向けに寝て目を閉じる。
いま、自分はMRIの装置の中にいる。
ヘッドホンをつけてガンガンと大きな音が聞こえている。

狭いところにいるけど、大丈夫、大丈夫…
落ち着いて、落ち着いて…
なんでもないさ…
ゆっくりと息を吸って、ゆっくりと吐く…

もしも絶えられなくなったら、握っているブザーを押せばいいだけだ。

新しいMRI装置は中が広い

クリニックでの検査前の問診中、「狭いところ苦手なんですね~」と言われたけど、シミュレーションしてきたから今回はいつもよりはちょっと自信があるかも。

何ごともメンタルトレーニングは大事だな~と思っていたら…

なんと、更にうれしいことが!

問診してくれてる看護師さん「でも、今日は一番新しい装置ですね。これ、中が広いんですよ」と。

えっ、そうなの!?
やった~~!

そうそう!
ここは検査専門のクリニックで、MRIの台数は多いらしくて、最新装置も導入されてるって言っていたんだ!

今回アタシ、その中の新しい装置での検査になっているらしい!

やった! 大丈夫かも!

中が広くてトンネル状

MRIの検査室に入っていくと、紙コップに入った透明の液体を渡された。

造影剤らしい。

へぇ~、
造影剤って、注射針で血管に刺すもんだとばっかり思っていたよ。

これまた、ラクチンでうれしいな、って思っていたら…。

自分の入る装置をよ~く見てみると、確かに広い!
そしてなんと、奥は行き止まりじゃなくて、トンネル状。

いける!
これなら、いけるぞ!!

検査技師さんも、すごく気を遣ってくれているようで、穏やかな雰囲気で検査を始めてくれた。

穏やかに検査完了

検査中は、できるだけ一定の呼吸をするように言われて、息を吸ったり吐いたりの繰り返し。

中の広さは、古い装置より少し広いだけなんだと思うけど、頭の上が突き抜けている安心感と、目の前の天井もライトで照らされている明るさのおかげで、たぶん実際よりも広く感じられているみたい。

なんとなく、舞台装置の空を思い出した。
作られたものとはわかっているんだけど、奥行きを感じる白いライト。

そんな感じで、検査は無事終了。

会計は最後のひとり

いつものように、検査データはCDに書き込んでお持ち帰り。

予約が最終近かった上に、CD作成にも時間がかかるから、どうやらアタシが最後の患者みたい。

待っている間、壁一面に貼られたポスターを眺めていた。

この病院の検査装置の性能の素晴らしさに加え、それを読む読影技術の高さによって、他では見つからないような病変も見つけていますよ、っていう内容。

そのお隣りには、すい臓がんの生存率が1年~5年刻みの棒グラフ。

生存率低いな。
すい臓がんって、結構ヤバイ…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ