みんチャレのコインで社会貢献ができる!

三日坊主防止アプリのみんチャレは、私の一番のお気に入りアプリ。
このアプリに、私の生活習慣づくりはずいぶんと助けられている。

「みんチャレ」は新しい習慣を身につけたい人が5人でチームを組み、チャットで励まし合いながらチャレンジする、三日坊主防止アプリです。

体調のいいときは、新しいチャレンジチームに入ることもあるし、
体調が悪くても、どうしてもやりたい時には、自分でチームを作ったこともある。

今の私の至上命題。それは、毎朝決まった時間に日の光を浴びる。たけしの家庭の医学で、朝日を浴びる重要性を教わって実践したら、錆付いていた体内時計が動き始めて、夜眠れるようになって来た。そのときの記事はこちら。こりゃ、ちゃんと続けなきゃ!だるく

体調が悪くなっても、チームを脱落せずに再起して続けられるのは、またメンバーと一緒にチャレンジを頑張りたいっていう気持ちを持っていられるから。

今入っているチームは5つ。
私の朝は、早起きチャレンジで始まる。
そして、白湯を飲む、英語アプリをやる、ウォーキング&ストレッチ、そして片付けもの。
この5つが、1日を通しての私のタスク。

一番長く続いているのは、ウォーキング&ストレッチのチームで、今日で494日目。
もうすぐ500日!

スポンサーリンク

チャレンジするとコインがもらえる

みんチャレでチャレンジを投稿すると、コインがもらえる。
1つのチャレンジ達成で、1コイン。

そのほかにも、チームの5人全員で目標を達成すると10枚のボーナスコイン。

毎日続けてチャレンジできて、その期間が長くなればなるほど、30枚とか300枚とか、2000枚なんていうボーナスコインがもらえることもある。

で、
集めたコインは、アプリの中で使えるかわいいスタンプと交換して、チームのチャットで使うんだけど、スタンプによっては沢山のコインがないとゲットできないものもあって、
そういう高額スタンプをゲットしてチャットで使うと、メンバーに驚かれたりして、それがまたうれしかったりする。

集めたコインを被災地に寄付

でも、長く続けるのはやっぱり大変。

数日サボってると、そのチームのルールに従って自動的に強制退出させられちゃう。

そんな、強制退出の憂き目にも何度も合いながらの崖っぷちのチャレンジ参加なのだけど、そんな私の流浪の民のようなチャレンジも、なんとか楽しみながら続けるうちに、そろそろ1年半。

その間にコインもたくさん貯まって、かわいいスタンプもいっぱいもらえた。
最近は、最高峰の「合体にゃんチャレロボ」のスタンプを50,000コインでゲットして大満足!

でも、もうスタンプはいらないし、スタンプゲットがモチベーションにはならなくなっていて…。もっと何かこのコインを使える仕組みができるといいのにな、って思ってたら…、

そしたら、つい先日のアップデートで、貯まったコインで寄付をするプロジェクトが始まった。
その名も、
[東日本大震災復興] 海岸防災林の植林プロジェクト

募金先は、緑の募金
自分のコインをこのプロジェクトに提供することで、松の苗木が寄付される。

その取り組みが、ネットでこんな↓記事にもなってたよ。

20万人の習慣化をサポートしてきた「みんチャレ」と「緑の募金」が提携!

5000コインで、松1本。
目標は、全体で1000本の松ということなので、コインの枚数にしたら500万コイン!
(計算、間違っていないよな・・・)

チャレンジスピリットが現実世界に現れる

なんて素敵なアイデアなのかしら!

みんチャレは無料で使えるアプリだから、私たちみんチャラー(※)が提供するのは自分の「チャレンジ」だけ。
(※「みんチャラー」は私が勝手に使っている造語です。みんチャレする人。)

そのチャレンジが、次々と新しいみんチャラーを生み、そして企業や団体をも動かす。

人って、たぶんみんな…、
自分は一体何を頑張っているのか、なんだか分からなくなることって、たまにはあると思う。

自分がここで何かをやっても、あるいはやらなくても、
だからって、それがどうだっていうのサッ、なんて思っちゃったり。

だけど、やっぱり
何かをする、そして、それをやり続けるっていうことは、いつかどこかにつながって行く可能性を持っているんだね。

有名人でもなんでもない自分の日常の行動が、どこかの誰かの役に立つ。
どこかの誰かの役に立ちたくて、凡人の自分もちょっとだけ頑張ってみる。

ちょっと、そんなことを思いながら、今日も私はがんばるよん。
そうさっ! 私はみんチャラー!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ