都心脱出計画:熱帯夜のない南の島はパラダイス!?

この島へやってきて、何がうれしいかって…
熱帯夜がない。

夜にサッシを締め切っていても、クーラーなしで過ごせるし、朝方は涼しくて、少し厚めの布団をたぐり寄せたりしている。

もっとも私は、このところ手足が冷えて仕方がないので、どっちかって言ったら少しぐらい気温が高いほうがありがたいんだけど…。

それでも、一緒の部屋にいる人も同じように、クーラーのない部屋で過ごしているから、やっぱり適温でいい感じなんだと思う。

さすがに真夏の8月にもなると、暑くて眠れない日もあるらしいけど、東京みたいに連日連夜クーラーなしじゃ眠れないなんてことはないらしいし、

それに、驚くことに、
この島で熱帯夜になった翌日には、
「夕べは熱帯夜だったんだって!!」
「あー、やっぱりね~~。暑かったもんね~」
なんて、話題になったりするらしい。

東京じゃ、大抵毎晩のことで珍しくもなんともないから、こんな会話はほとんどしない。

ここに住んじゃおうかな~~、
なんて、妙な考えが浮かぶ。

毎年のように、熱帯夜の連続記録を打ち立てちゃったりする都心の夏を想像したら、毎晩涼しく眠れるなんて、な~んてパラダイス!

ん?
パラダイス?

そうか、
秋になったら、ここは、ヤモリたちのパラダイスなんだったっけ。

移住計画は即、却下。

やっぱり私は、ただの通りすがり。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ