都心脱出計画のその後(3)-疲労困憊

このところの、頻回の羽田行脚。
さすがに、お疲れモード満載。

ただでさえ、このところ体調はヨレヨレだっていうのに、一日おきに羽田空港まで行って天候調査の結果を気にしながら、一日中フライトを待って過ごすなんて、疲れないはずがない。

今日は、ほとんどベッドの上で過ごす。
もうぐったり、だるい。

ラジオをつけていても台風3号のニュースばかり。
「番組の途中ですが、ここで気象の情報です」ってさ。

この台風、まるで秋台風の進路みたいだな。
だけど、梅雨前線に台風が突っ込んでくるなんて、見たことないよ。

ところで、
私の「気晴らし島生活計画」は、どうなったか…

次のアタックは、台風をやり過ごした2日後の、6日の便を計画。

島の情報をチェックすると、このところの湿度は ほぼずっと100%。
島がまるごと雲のなかって感じらしい。
だからこその「視界不良」で、連日の全便欠航なんだけど。
100%って、きっともう体中ペッタペタになっちゃう感じだろうな。

今来てる台風3号が行っちゃったとしても、
つゆどきのそんな場所で「気晴らし島生活」なんてできるのかな。
体調悪化するんじゃないかい?

だんだん、弱気になってきた。

スポンサーリンク

鑑真和上のこころざし

鑑真和上は、何回目のチャレンジで日本に到着したんだっけなー、なんて、ふと、思った。

中国から日本に来るまで、何度も何度もトライした鑑真。
船が座礁したり、嵐で漂流したり…

その長年の疲労と、何ヵ月も足止めされた南の島の高温多湿の気候のせいで、失明までした。

それでも鑑真は、当初の志を忘れることなく、ついには日本にたどり着く。
そして彼のおかげで日本仏教の戒律制度は確立されていく。

たしか、そういう人だったよな。鑑真。

いやー、
アタシは別に、なーんにも背負ってなんかないし、志もあやふやだけど…。

今日一日台風のニュース聞きながら、ダルい体でベッドの上で過ごしたら、大して関係のないような、どうでもいいことばかりが頭に浮かんできたもので。

唯一、鑑真との共通点があるとしたら、私が今目指しているところも「高温多湿」ってことぐらいか。

こころざし、ねー…
ほかに、こんな言葉も浮かんできたよ。

「おのおの、その志のままに生きよ」
坂本龍馬

こころざし、かー…


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ