コレステロールは善玉と悪玉の比率が重要

先日、健康番組を見ていたら、自分のコレステロールの値が急に気になってきた。

というのも、コレステロールの値は、基準値内におさまっているかどうかより、その比率が重要なんだって言うことを知ったから。

確か、私、8月の検診のときは、コレステロールは高くも低くもなくて基準値におさまっていたように思うけど、比率ってどうなんだろ…

スポンサーリンク

LH比(えるえいちひ)

コレステロールは、いくつかの種類に分かれてて、その中でも、善玉コレステロール(HDL)は多い方がよくて、逆に悪玉コレステロール(LDL)は少ない方が良いってことがわかっている。

でも、最近は、この善玉(HDL)と悪玉(LDL)のLH比って呼ばれる比率が、血管内の状態をあらわす数値として、重視されるようになって来ているんだって。

LH比=(LDLコレステロール)÷(HDLコレステロール)

1.5以下:きれいで健康な状態
2.0以上:コレステロールの蓄積が増えて、動脈硬化が疑われる
2.5以上:血栓ができている可能性あり。心筋梗塞のリスクも!
(参照:オムロン「「LH比」を目安にコレステロールを見直す」より引用)

例えば、善玉・悪玉の両方とも、単独の数値としては、どちらも基準値内におさまっていても、その比率が悪ければ、状態としてはよくないんだよってこと。

基準値内なら、問題なし! っていう単純なことじゃないらしい。

たとえば、
善玉が、基準値内の一番少ない値で、
悪玉が、基準値内の一番多い値
だったとしたら、LH比は、あんまり好ましい状態じゃないってことになるのよね。

LH比なんて、検査結果に出てないよ

でも、8月に受けた採血の検査結果を見てみたら、LH比なんて出ていない。

じゃ、比率だからLDLをHDLで割ってみればいいのよね。

と、思ったら…

HDLは出ているけど、LDLが出ていない。
う~ん、だめじゃん。
がっかり。

でも、しつこい私は諦めないもんね。

検査項目には、総コレステロールがあるじゃないの!
総コレステロールは、善玉コレステロールと、悪玉コレステロールを合わせた値なんじゃないの??

それなら、引き算すればいいっしょ!

なかなか、するどい!
なんて思ったけど、これは間違い。
微妙に正しいようで、やっぱりちょっと違う。

そもそも、
LDLは直接測定するのが難しいものらしくて、比較的精度良く測定できる、総コレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪の3つから計算して出すものなんだって。

だから、「引き算すればいいっしょ!」はOKだけど、「善玉コレステロールと、悪玉コレステロールを合わせた値」っていう考え方は×。

それに、中性脂肪もかかわってるの。

で、
血液検査で総コレステロールの数値を出すのは、LDLを出すために必要な数値だから、っていうことらしい。

LDLを求める計算式

というわけで、
じゃあ、計算しましょ。

LDLコレステロール=
(総コレステロール)-(HDLコレステロール)-(VLDLコレステロール)

ていう式で求められる。

って…、
VLDLコレステロールって、これまた分からないものが出てきたよ。
でも、これもまた簡単に計算できる。

VLDLコレステロール=(中性脂肪)÷5

というわけで、

LDLコレステロール=(総コレステロール)-(HDLコレステロール)-(中性脂肪÷5)

中性脂肪は、私の検査結果表ではトリグリセリドっていうのが、それにあたるらしい。

計算すると

この計算式に、私の総コレステロール、HDL、中性脂肪を当てはめて、LDLの数値を出してみた。

で、
そのLDLをHDLで割って、LH比を計算してみたら、

結果、私のLH比は
1.5をちょっと上回っているってコトが判明。

ここまで、長い道のりだったけど、
とりあえず、今のところは心配なさそうかな。

ウォーキングも続けていけば、もう少し優秀な値になるかもね~~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ