抗がん剤投薬終了から4年。体力回復がうれしくて。

今年2019年4月が来て(今はもう5月だけど)、AC+Tの投薬完了から4年が経ちました。

抗がん剤のダメージは想像以上に長く続いて、少しずつ回復してラクになって来てはいたけれど、やっぱりコトあるごとに体力不足を実感しては「まだまだ、だな…」って思いながらココまで来たんだけど…。

この春で4年経って、最近、からだが軽い!

「がん情報サービス」は、お役立ちサイト

2014年夏の手術から投薬中にかけては、国立がん研究センターのがん情報サービスはよく見ていたサイトだけど、最近になってなんとなく久しぶりに見てみたら、ここ数年の間に、ずいぶんと情報量が増えたなーっていう感じ。

記事の更新履歴を見てみると、最初の掲載から更新を重ねて今年(2019年)まで来ているものもすごく多い。

病気そのものの情報はもちろんのこと、患者自身の生活についてのアドバイスなどの、フォローアップの記事が増えているような印象。

治療から数年経っている私でも参考になる記事が多いのは、きっと、抗がん剤治療後に、疲れやすさとか、本調子じゃない体調を実感しながら生活している人が、すごく多いせいなんだろうな~って思う。

がん情報サービスの記事を読みながら、がん治療薬のすさまじさを改めて実感しつつ、「はぁ~~、アタシ、よくぞここまで来たね」と、今までの自分を慰めたり感謝したり…。

というわけで、このところ元気になってきたので、これからもう少し色々と活動しようと計画を立てているところ。

ちょっと楽しみ。

ホットフラッシュも、少しは静まってくれるといいな。